帯状疱疹ワクチン予防接種を実施しています

帯状疱疹ワクチン(シングリックス®)

 50歳を過ぎたら帯状疱疹の予防接種ができます

 

■帯状疱疹とは

日本人成人の90%以上は、帯状疱疹の原因となるウイルスが体内に潜伏しており、加齢などのによる免疫力低下が原因で、80歳までに約3人に1人が発症し、痛みや発疹があらわれます。

 

■帯状疱疹の合併症について

50歳以上で帯状疱疹を発症した人のうち、約2割は3か月以上痛みが続く帯状疱疹後神経痛(PHN)になるといわれています。また、帯状疱疹は頭部から顔面に症状がでることもあり、目や耳の神経が障害されると、めまいや耳鳴りといった合併症がみられることがあります。

帯状疱疹ワクチンの予防接種を実施しています

 


帯状疱疹ワクチンの効果

2回の接種における帯状疱疹の発症予防効果は、50歳以上で97.2%、70歳以上で89.8%です。また、帯状疱疹後神経痛の減少率は、50歳以上で100%、70歳以上で85.5%と高い効果が認められています。予防効果は約10年続きます。

対象 50歳以上の方
ワクチン シングリックス(不活化ワクチン):病原性をなくした細菌やウイルスの一部を成分としたワクチン
接種方法 2回の筋肉内注射(1回目から2か月あけて2回目を接種)*遅くとも6か月後までに接種
接種費用(自費) 1回につき22,000円(税込)
予約方法 電話(0422 30 9988)またはWEB予約